過去の遺物

どうも。

昔、「千死眼」って小説を書きかけたことがありましてね、

この眼と目があった人は無条件に死ぬというもので、名の通り千人まで効き目があります。

千人殺した暁には、自分も死ぬ。

死後の世界で、自分が眼を使って殺した千人の「本来の寿命の死因」によって殺される幻?悪夢?

をみさせられるという設定で、いろいろあって千人目に愛する人を誤って殺してしまうというオチ。

もう続きを書く予定はないんですけども。

当時作った目のデザイン結構気に入ってましてね。
c0077838_17403017.png

こんなやつ。

千の字に死をそのままくっつけたものなんですが、結構我ながらいいのができたなあと。

安直っちゃ安直ですけどねえ。
[PR]

by naoyataka | 2016-09-26 17:41 | 雑記
line

繋がる空とすべての物語


by 久我思人
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31